離婚して子供がいる場合には、相手女性から養育費を請求されるのが普通です。

養育費は子供を育てることに必要な物で、夫婦それぞれの収入や年収などによって相場金額が違ってきます

離婚にはほかにも慰謝料など色々な費用が必要になったりして、非常に経済的な負担が大きいんですよね。

養育費は子供たちには必要なものですが、離婚後に経済状況が悪化してしまった場合には、養育費を払いたくても払えないような状況になることもありえます。

さらに生活が厳しくなってしまって借金するようなことになった場合に、債務整理によって借金を整理する人もいます。

そういった債務整理するような状況になった場合に、養育費も債務整理することができるのか気になっている人も多いのではないでしょか。

しかし結論からいうと、養育費は債務整理でなくなることはないです。

仮に自己破産したとしても養育費については免責対象にはならないんですよね。

そのため養育費を減額してもらうためには養育費調停を家庭裁判所で起こす必要があります。

とは言っても個人再生や自己破産するような経済状況の場合には、養育費調停をしたら養育費が免除される可能性が高いです。

自己破産するくらい経済的に困っているような状況という証明になるので、養育費絵の免除の可能性が高くなるということです。詳細はこちら