小学生で視力が低下している子どもは意外と珍しくないですよね。最近だとスマホやゲームなどの影響によって視力が極端に下がっている小学生も珍しくないと思います。

視力については遺伝的な要因も大きいですが、それでも昔よりは子ども視力が全般的に下がっているように感じるのは私だけではないと思います。

実際に最近は、生活環境が原因で近視になる子どもがより一層増えています。

実験で外での作業を増やしたグループと、部屋での作業を増やしたグループに分けて視力の差を調べたところ、外で遊んだ子どもは近視になりにくかったということが分かっており、近年のゲームの普及が子どもの視力を下げている要因として持ち上がっています。

近視を防ぐには普段から作業の合間に遠くを見る習慣をつけたり、目を意識的に動かしたりして予防していくことが大事みたいですが、すでに近視になっているような場合にはどうすればいいのでしょうか?

まあ、普通ならメガネをかけるのが一番無難だと思いますね。コンタクトでもいいですが、小学生の場合だとどうなんでしょうかね?ケアなどが面倒に感じる子どもも多いのではないでしょうか。

ほかにも就寝時に特殊なハードコンタクトレンズをつけることで視力を一時的に矯正する「オルソケラトロジー」という方法もあるみたいですね。借金返済