近年では結婚できない女性や結婚しない女性が増えていますが、実際に統計的に見て見ると、結婚しない30代、40代の未婚率は30〜34歳で34・5%になっており、これを80年代と比べるとは9・1%なので、この30年で約4倍に跳ね上がっているということになります。

こういった30代、40代の子どもを持つ親は団塊世代〜バブル世代がほとんどだと思いますが、当時は普通に恋愛が参加だった時期で、周りでも結婚している人が多かったので、普通にその流れで結婚した人も多いですが、それだけにどうして娘たちが恋愛や結婚しないのか不思議に思う親も多いです。

一つの原因としてあるのが、親子仲のよさにあるようです。

実際に親との同居率の高さは近年上がってきており、親と一緒に暮らしている未婚の30代は約7割。そして、その約9割が家事をまったくやっていないという結果が出ています。

結婚して家を出るとなると、現代日本ではまだまだ家事負担は女性のほうが大きい。出産後、フルタイムで仕事を続ける人はわずか2割程度なので、そういったことを考えると結婚してまともに生活できる可能性は低いです。

つまりわざわざ結婚して家を出る理由がないということにもなります。

また母が娘を支えすぎてしまいがちという結果もあり、仕事帰りの娘の普段の生活を支えてしまっている現状があります。多汗症原因